中古車輸出する時の必要書類とは

中古車を輸出する際に必要な書類については、現地での輸入に必要な書類について、必ず海外バイヤーに確認することが肝心です。

具体的に中古車を輸出するために必要な書類は「送り状」「梱包明細書」「B/L」「輸出末梢登録証明書」
「船積前検査証明書(バイヤーから要求された場合)」です。

中古車輸出の手続きについては、商売目的ならば都道府県の公安委員会で古物商の許可を取得します。
日本国内で中古品の買取をする際に輸出目的であっても古物許可が必要です。
支払条件が前払い条件の場合は、代金の入金確認してから仕入れを行うのが通常なので、海外バイヤーと売買契約書を締結します。

輸出通関手続きを円滑に行うために中古車輸出に慣れた通関業者を選びましょう。送り状や梱包明細書などを作成します。
仕向け地へ運ぶ船腹手配をします。各地の運輸局で輸出末梢仮登録か、輸出予定届出証明書の交付を受けます。

通関業者と打合せし輸出車を指定された保税地域に搬入します。税関申告後、検査を受け許可をもらいます。
その後船積みし通関業者は船会社が発行するB/Lを取得し、輸出許可書等と共に輸出業者に届けてくれます。

外車の維持費は国産よりかかる?

格安で外車の中古車を手に入れる事が出来たとしても、気になるのがその後の維持費の問題ですよね。
一般的に外車の維持費は高いという話が多いようです。
ガソリン代や税金は国産車とたいして違いはないようですが、車検代や、保険代、
修理代の技術料などは国産車の3倍程度かかると言われています。

中古車となるとなおさら修理代が増えるでしょう。保険代は車種や色によって大きく変わってくるようです。
同じ中古車でも色が違うと保険代に違いが出てくるのです。
傾向的に赤色のスポーツタイプの車の方はスピードを出してしまうようなところがあり、事故を起こす確率も高いからだということです。

最近の輸入車は昔ほど壊れにくくなってきていますし、かつてのようなボッタクリ価格ではなくなったようですが、
やはり国産車と比べると割高な印象はあるようです。

維持費についても当たり外れが大きいみたいです。
購入して2カ月経たないうちに助手席の窓が落ちたり、クーラーが故障したりというトラブルなどで、
1年もしない内に100万円以上の修理代が掛ったといった話を聞いたこともあります。
それだけに外車の中古車を選ぶ際は注意が必要になってきます。

外車

憧れの外車の中古車を購入時気を付ける事

新車・中古車の輸入車には、「正規輸入車」「並行輸入車」の2種類があります。
正規輸入車は、現地の自動車メーカーが日本人向けに生産した、日本で型式認定をうけて正規ディーラーが販売している輸入車です。

並行輸入車とは一般輸入業者や個人が現地で販売している新車や中古車を輸入した車の事です。
外車の中古車でトラブルの多いのは並行輸入で日本に入ってきた車のようです。

外車の中古車を購入することをお考えの方は、精機ディーラーが下取りした中から選別して部品交換、
既定の整備を実施して販売している「認定中古車」を選ぶことが重要だと思います。

外車の新車は事故を起こす可能性のある車に運悪ければ当たる可能性がありますが、
認定中古車は走行履歴によってそれが判明するため、
事故車を輸入しないことができるためある意味新車を購入するより認定中古車の方が安心できると言えるかもしれません。
とはいえ日本車も問題のない新車・中古車ばかりとは限らないため国産がよい・外車がよいなどは言えないと思います。

中古車購入時にかかる税金知ってますか?

中古車を購入する際に必要となってくるのが税金の支払い義務です。
この税金はどの中古車販売店で車購入しても金額は同じです。
なので中古車を購入する時は税金の金額も把握しておく必要があり、知っておけば購入資金を準備する時にもスムーズに行えます。

新車・中古車に係わらず車を購入する場合「自動車取得税」が必要になります。
ただし、50万以下の車を購入する場合には免税が適用されます。
しかし、必ずしも50万以下の中古車なら免税になるという訳ではないようです。
新車の場合はメーカー希望標準価格の90%です。

ただし、新車購入時にオプションを装備して購入すると車輌本体の価格が上がるため
自動車取得税も上がることになりますので知っておいてください。
税金面から言うとオプション装備に関しては後付けされたほうがお得です。

また、「自動車税」排気量によっても自動車税の金額が変わり、中古車でも排気量が大きい車ほど税金も高くなります。
自動車税は毎年4月の納期なので、年度途中に中古車を購入すると、登録した次の月から年度末までの金額が
必要となります。

税金

初めて車を乗るという人はもちろん中古車!?

免許を取って憧れの車に乗ると、期待に胸躍らされている人がいるのではないでしょうか。
けれど最初のうちは中古車を乗ることをおすすめします。私も初めは中古車からでした。
運転の初心者はあちこちに自動車をぶつけないとは限らないので、いきなりお気に入りのそれも新車に乗ってぶつけたり、
気づ付けたりしてはもったいないです。

まずは、中古車で運転に慣れる事から始めてみてはいかがでしょうか。
運転初心者で一番ぶつけやすいのは駐車場に入れる時だと思います。
それからよくあるのが道路に伸びている木や枝や葉がこすれて車体に傷がいくという事も起こりやすいことです。

中古車ならその点まだ傷ついてもぶつけても新車ほどのショックは受けないですむでしょう。
(私は新車を納車したまさにその瞬間に、子供にジュースをこぼされてしまいました。これだけでも結構なショックですよ。)

自動車にあまり詳しくない初心者の方が中古車選びをすると、
良く分からないことがたくさん出てきます。初心者だけで中古車選びに行かず詳しい人と行くことをおすすめします。

新車と中古車はどちらがいいのか

新車を買うか、中古車を買うかで悩まれる方も結構いるのではないでしょうか?
予算が少ないのであればもちろん中古車にせざるおえません。
他に、「高級車の中古車を購入するよりランクを落として新車を買った方が得かな」と悩む人もいるかもしれません。

それか「普通自動車の中古車を買うなら、軽自動車の新車が買えるな」と思って悩んでいる人もいるでしょう。
中古車か新車かはその人のライフスタイルにもよるでしょう。
家族が多ければ、新車で軽自動車を買うよりも、中古の普通自動車で家族全員が乗れる車を買った方が良いでしょう。

高速道路をよく利用するという方であれば、できれば新車の軽自動車より高速道路に応じた普通自動車の中古車が良いと思います。
高速道路はスピードを出さなければいけません。50キロ以上100キロ以下です。
ですから100キロのスピードに耐えられるだけの車体でなければ、高速道路を快適に走ることはできません。

軽自動車の車体よりも普通自動車の車体の方が、スピードに耐えられる構造になっているため安全です。
そしてシートのクッションも軽自動車は長時間は辛いと思いますので。

新車中古車

高齢化社会で需要が伸びている福祉車両

近年、高齢化社会で家の中に要介護を必要とされる方が増えています。「普通自動車では対応が難しくなってきた」ということから、福祉車両の需要も増えています。しかし新車の福祉車両は金額が高いため、中古車での福祉車両を考える方が多いようです。

まずは信頼できる中古車販売店で購入することをお勧めします。購入する際、年式、走行距離などをしっかりチェックして中古車の福祉車両を購入して下さい。
また、福祉車両ならではの機能をしっかりチェックすることも必要になってきます。

福祉車両にどのような機能を備えているのか使い勝手は良いかなどよく研究して、希望に近い中古車の福祉車両を探されるのが良いのではないかと思います。

今は歩けても将来は車椅子になる可能性も大ですので、座席が乗り降りしやすいように動かせるものか、車椅子で乗り降り可能か車内が適度に広いか、車椅子のリフト機能が付いているかなど、事情に合わせて、出来れば少し先の事情の変化も考慮して探されることをお勧めします。

中古車を購入する時は販売店へ行ってみましょう

車の買い替えを考えた時、予算を考慮して中古車を選ぶ場合や、通りすがりの中古車販売店で気になる中古車が目に入ったなどから決めてしまう事もあると思います。だからと言って即決する人はいないと思いますが、
必ずその中古車販売店に足を運んでみましょう。その中古車販売店は信頼できるかどうかを見極める事が大切です。

展示してある車はきれいに磨かれているか、店内や店周りがきれいに掃除されているか、車の値札や店頭ポスターはきれいなものかを見てみましょう。販売員の印象も大切です。丁寧な接客ですか?並べられている車はきれいにワックスなどが塗ってあり、手入れが行き届いている中古車であればとりあえず安心といったところでしょう。

あと気にいたっ車が見つかったら面倒でも、晴れの日、曇りの日、雨の日の3回は見に行くことをおすすめします。
晴れの日には傷が無いかをよく確かめましょう。後、値札の汚れや、車に埃が無いかもみておきましょう。曇りの日はワックス掛けに最適の日。販売店のスタッフがワックスをかけていたら、信頼できると考えられます。

雨の日は中古車の中を見せてもらい、雨漏りなどのチェックをしましょう。

行く

重要な中古車販売店選びについて

中古車を購入する際わりと重要なのが販売店選びです。私の場合は友人に車の整備をしている人がいるため安心して
中古車探しが出来ましたが身近に相談できる人がいない場合困ることも多いと思います。信頼できる中古車販売店から
中古車を買うことで安心して車を乗ることができます。

見るからに怪しいと感じる中古車販売店で購入してしまうと、その車が事故車ということもありえます。また、雨が降った時トランクに浸水したり見えない部分に故障・破損個所があったりという可能性もあります。

しかし、事故車の見極めはプロでも難しいもの。プロが中古車を仕入れる時、様々な書類をチェックし厳しい目で
色々なところを確認して仕入れるのです。ですから素人さんならなおさらのこと、中古車は信頼できるプロから
購入するのがよいでしょう。

信頼できるプロの販売店を見極めるポイントとしては展示されている車を良く観て下さい。ほこりをかぶっていませんか?値札が古びた感じになっていませんか?こういった中古車販売店は避けた方が無難です。

欲しい車に出合った時まずは試乗してみよう

私は過去に中古車を購入したことがありましたが、全く試乗せずに購入してしまいました。幸いにもハズレの車にあたったことはありません。しかしこれはたまたま運が良かったということのようです。もしあなたが初めて車を買うのなら、
中古車・新車を問わず必ず試乗してから購入することをお勧めします。

後に親しくなった友人にも中古車を買った時の事を話すと「必ず試乗してから決めないと」と言われてしまいました。
中古車の中には見た目は良いが、運転してみるとまっすぐ走らないことがよくあるようです。試乗の時にハンドルから
両手を離した状態でまっすぐ走らない車は何らかの問題があると疑って良いでしょう。

手離し運転をするのですから周囲の安全確認をしてから実施してみてください。また、ハンドルに遊びがあるかを
しっかりチェックすることもポイントです。以前の持ち主が改造などしている場合は、ハンドルに遊びの部分が無い場合もあるため注意が必要です。ハンドルにある程度の遊びが無いと快適な運転が不可能になってしまいます。

試乗