高齢化社会で需要が伸びている福祉車両

近年、高齢化社会で家の中に要介護を必要とされる方が増えています。「普通自動車では対応が難しくなってきた」ということから、福祉車両の需要も増えています。しかし新車の福祉車両は金額が高いため、中古車での福祉車両を考える方が多いようです。

まずは信頼できる中古車販売店で購入することをお勧めします。購入する際、年式、走行距離などをしっかりチェックして中古車の福祉車両を購入して下さい。
また、福祉車両ならではの機能をしっかりチェックすることも必要になってきます。

福祉車両にどのような機能を備えているのか使い勝手は良いかなどよく研究して、希望に近い中古車の福祉車両を探されるのが良いのではないかと思います。

今は歩けても将来は車椅子になる可能性も大ですので、座席が乗り降りしやすいように動かせるものか、車椅子で乗り降り可能か車内が適度に広いか、車椅子のリフト機能が付いているかなど、事情に合わせて、出来れば少し先の事情の変化も考慮して探されることをお勧めします。

中古車を購入する時は販売店へ行ってみましょう

車の買い替えを考えた時、予算を考慮して中古車を選ぶ場合や、通りすがりの中古車販売店で気になる中古車が目に入ったなどから決めてしまう事もあると思います。だからと言って即決する人はいないと思いますが、
必ずその中古車販売店に足を運んでみましょう。その中古車販売店は信頼できるかどうかを見極める事が大切です。

展示してある車はきれいに磨かれているか、店内や店周りがきれいに掃除されているか、車の値札や店頭ポスターはきれいなものかを見てみましょう。販売員の印象も大切です。丁寧な接客ですか?並べられている車はきれいにワックスなどが塗ってあり、手入れが行き届いている中古車であればとりあえず安心といったところでしょう。

あと気にいたっ車が見つかったら面倒でも、晴れの日、曇りの日、雨の日の3回は見に行くことをおすすめします。
晴れの日には傷が無いかをよく確かめましょう。後、値札の汚れや、車に埃が無いかもみておきましょう。曇りの日はワックス掛けに最適の日。販売店のスタッフがワックスをかけていたら、信頼できると考えられます。

雨の日は中古車の中を見せてもらい、雨漏りなどのチェックをしましょう。

行く

重要な中古車販売店選びについて

中古車を購入する際わりと重要なのが販売店選びです。私の場合は友人に車の整備をしている人がいるため安心して
中古車探しが出来ましたが身近に相談できる人がいない場合困ることも多いと思います。信頼できる中古車販売店から
中古車を買うことで安心して車を乗ることができます。

見るからに怪しいと感じる中古車販売店で購入してしまうと、その車が事故車ということもありえます。また、雨が降った時トランクに浸水したり見えない部分に故障・破損個所があったりという可能性もあります。

しかし、事故車の見極めはプロでも難しいもの。プロが中古車を仕入れる時、様々な書類をチェックし厳しい目で
色々なところを確認して仕入れるのです。ですから素人さんならなおさらのこと、中古車は信頼できるプロから
購入するのがよいでしょう。

信頼できるプロの販売店を見極めるポイントとしては展示されている車を良く観て下さい。ほこりをかぶっていませんか?値札が古びた感じになっていませんか?こういった中古車販売店は避けた方が無難です。

欲しい車に出合った時まずは試乗してみよう

私は過去に中古車を購入したことがありましたが、全く試乗せずに購入してしまいました。幸いにもハズレの車にあたったことはありません。しかしこれはたまたま運が良かったということのようです。もしあなたが初めて車を買うのなら、
中古車・新車を問わず必ず試乗してから購入することをお勧めします。

後に親しくなった友人にも中古車を買った時の事を話すと「必ず試乗してから決めないと」と言われてしまいました。
中古車の中には見た目は良いが、運転してみるとまっすぐ走らないことがよくあるようです。試乗の時にハンドルから
両手を離した状態でまっすぐ走らない車は何らかの問題があると疑って良いでしょう。

手離し運転をするのですから周囲の安全確認をしてから実施してみてください。また、ハンドルに遊びがあるかを
しっかりチェックすることもポイントです。以前の持ち主が改造などしている場合は、ハンドルに遊びの部分が無い場合もあるため注意が必要です。ハンドルにある程度の遊びが無いと快適な運転が不可能になってしまいます。

試乗